児童買春事件における示談について

児童買春事件における示談について

 児童買春事案では示談の位置づけが他の性犯罪関連事件とは異なります。
 児童買春罪,正確には,「児童買春,児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律」違反の保護法益は,未成年者の健全な育成という公益の側面があるからです。
 未成年者と示談したからといって,保護法益である未成年者の健全な育成が阻害されたという被害が回復されたことにはならないうえ,未成年者が(有償無償問わず)性交し,示談金を手に入れる,といった過程が,未成年者の健全な育成に適うはずがないからです。
 ただ,当該未成年者の親と示談交渉をし,その示談交渉過程で親の被害感情を緩和し,また,弁護人を通じて親が得た事情を基に,親から未成年の被害者本人への指導がいきわたるならば,犯した罪の重さに事後的にではありますが,影響を与えます。ですから,児童買春罪においても,示談交渉は行います。
 もっとも,検察実務では,仮に示談が成立したとしても,不起訴にする検察官は少なく,最低でも略式罰金刑には処しています。これも保護法益が公益であることからくる対応なのでしょう。
 児童買春事案における示談交渉の注意点ですが,事件の実態としては被疑者と未成年者の合意の上でのことであったということが捜査機関との関係でも争いない場合であっても,未成年の親は合意などなかったという前提で交渉に臨むことがあります。未成年本人としてもなかなか本当のことを親に言えないでしょうし,むしろ,そもそも性教育に未熟な未成年に,性交渉の合意と不承諾の違いはあまり意味のないことだとも言えます。未成年者との性交渉は,特に金銭授受ある性交渉は,そもそも合意などない性搾取であるという前提で考えた方がいいでしょう。ですから,弁護人としては,示談交渉の場において,合意があったかなかったかに関して殊更拘るのは禁物です。
 ところで,未成年者が被害者となる事件の示談交渉では,未成年者本人と示談交渉をすべきではなく,その親と示談交渉をすべきです。未成年者本人の連絡先に直接連絡をして示談交渉をし,後になって,その親が知ることとなって示談がひっくり返ることがあるからです。
 未成年者を相手に示談交渉を行う場合,示談合意について未成年取消(民法5条2項)を主張されるに至らなくても,被害者が精神的に未成熟であることから,弁護人の説明を理解できず,言われるがまま示談書に署名したとして,事後的に示談書の効力が争われるおそれがあります。ですから,弁護人としては,必ず被害者が未成年かどうかを確認した上で、検察官に示談交渉取次の依頼をするときには「親に連絡して下さい」と伝え,示談交渉の主体を未成年者本人ではなくて親にする必要があるのです。そして,示談書自体は親が法廷代理人として署名締結したとしても,未成年者本人が宥恕していることを示す必要があるでしょう。

「示談コラム」に関連する記事

重大事件の示談について

重大事件の示談について

 重大事件,例えば,殺人罪,傷害致死罪,一部の傷害罪,危険運転致死罪,現住建造物放火など,犯罪の結果が重大で,行為態様も悪質な犯罪では,示談交渉に際して被害感情への特別な配慮が必要です。  このような重大事件のほとんどすべてにおいて共通するのが,被害 ...

READ MORE

示談交渉が脅迫・強要とならないために

示談交渉が脅迫・強要とならないために

 示談交渉を進める際に,最も注意しなければならないことは,熱心さのあまり,示談交渉自体が,脅迫や強要といった犯罪行為となってしまうことです。  脅迫罪(刑法222条)は,相手に対して害悪を告知する行為で,実際に相手が畏怖したかどうかも関係なく,害悪を ...

READ MORE

否認事件における示談

否認事件における示談

 否認事件にもいろいろあって,事件性や犯人性そのものを争う否認がまずあります。事件が発生したときはその場にいなかったとか,満員電車で痴漢行為をしたのは自分ではない,あるいは,これは放火ではなく電気系統が火災原因であるといった否認がそうです。このような ...

READ MORE

示談,供託そして贖罪寄付

示談,供託そして贖罪寄付

 示談交渉したものの,示談成立にいたらなかった場合,法律上は,供託制度というものがあります。供託は,被害者が示談に応じず,示談金を受け取らなかった場合に,供託所という法務局の部署に損害賠償相当額を預けることを言います。供託をすると示談金を支払ったのと ...

READ MORE

示談による被害届や告訴の取下げ

示談による被害届や告訴の取下げ

 示談は,被疑者にとって一生を左右するとても重要な活動です。経験ある弁護士を早期に選任して示談交渉に入るべきです。特に,万引き,器物損壊,暴行事件,傷害事件(傷害の程度が重篤ではない事件)などの比較的軽微な事件では,性犯罪や殺人等の重大事件と違って, ...

READ MORE