捜査段階における示談の重要性について

捜査段階における示談の重要性について

 犯罪被害者との示談交渉は,事件に関する紛争を民事的にも刑事的にも終局的に解決する目的で行われるもので,被疑者が逮捕・勾留された場合にはその人の一生を左右する重要な弁護士活動です。性犯罪にせよ,暴行傷害などの粗暴犯にせよ,示談が成立するとしないとでは刑事処分が天と地で違ってきます。

 例えば,強制わいせつ罪や強制性交等罪では,捜査段階で示談が成立し,被害者から宥恕(犯人を赦すこと)が得られると高い確率で起訴猶予となります。
 ところが,示談が得られずに,あるいは,まったく示談交渉をせずに起訴されると,もし裁判段階で示談が成立したとしても実刑判決になります。前科がなくてもです。一般の方の発想では,前科がなければ仮に裁判段階で示談が成立しなくても,初めての裁判なので執行猶予が付くであろうと考えますし,刑事事件の経験乏しい弁護士もそのように考える人が多いです。ところが,執行猶予を飛び越していきなり実刑なのです。
 ですから,捜査段階において,「前科がないからいきなり起訴はないだろう。慰謝料を払ってまで示談する必要はないだろう。もし起訴されたら示談をすれば良い。」と考える人や弁護士がいれば,それはあまりにも裁判の実情を知らないと言っても過言ではありません。
 実は,検察官が起訴するか起訴猶予にするかのハードルは,裁判官が執行猶予をつけるか実刑にするかのハードルよりも遥かに低い,つまり,被疑者にとっては捜査段階こそが勝負なのです。例えば,捜査段階では,示談が成立したものの,宥恕文言を得られなかったケースがよくありますが,それでも多くの検察官は示談が成立した事実を重視して,前科がない者であれば,初回は温情を与えて起訴猶予とするでしょう。
 しかし,裁判においては,たとえ,起訴後に示談が成立したとしても被害者から宥恕文言を得られず,刑務所服役の厳重処罰希望であった場合には,実刑となる確率が高いのです。裁判官としては,被害者が処罰を希望しているのに執行猶予をつけるわけにはいかないという心証が働きます。
 このように,捜査段階で示談を成立させることは重要であり,もし示談交渉活動に弁護士が消極的であるならば,弁護士を変えることも含めて慎重に検討すべきでしょう。

「示談コラム」に関連する記事

外国人被疑者の場合の示談交渉

外国人被疑者の場合の示談交渉

身柄の早期解放のために示談は迅速に  まず,外国人事件の特性として,日本人に比べて逮捕されやすいという問題があります。特に一時旅行者の場合,日本に定まった住居がないため,勾留の要件であるところの住居不定の要件にあたってしまいます。また,日本に頼れる親 ...

READ MORE

被害者との示談交渉アレンジ

被害者との示談交渉アレンジ

 加害者が事件を起こした後,被害者と示談をしたいと思っても,被害者の連絡先等がわからなければ何もできません。警察官に被害者の連絡先を聞いても教えてはくれません。加害者による被害者に対する働きかけや口封じのおそれがあり,お礼参り,つまり,警察に通報した ...

READ MORE

児童買春事件における示談について

児童買春事件における示談について

 児童買春事案では示談の位置づけが他の性犯罪関連事件とは異なります。  児童買春罪,正確には,「児童買春,児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律」違反の保護法益は,未成年者の健全な育成という公益の側面があるからです。  未 ...

READ MORE

重大事件の示談について

重大事件の示談について

 重大事件,例えば,殺人罪,傷害致死罪,一部の傷害罪,危険運転致死罪,現住建造物放火など,犯罪の結果が重大で,行為態様も悪質な犯罪では,示談交渉に際して被害感情への特別な配慮が必要です。  このような重大事件のほとんどすべてにおいて共通するのが,被害 ...

READ MORE

示談,供託そして贖罪寄付

示談,供託そして贖罪寄付

 示談交渉したものの,示談成立にいたらなかった場合,法律上は,供託制度というものがあります。供託は,被害者が示談に応じず,示談金を受け取らなかった場合に,供託所という法務局の部署に損害賠償相当額を預けることを言います。供託をすると示談金を支払ったのと ...

READ MORE